看護師にとって必要不可欠な適正とは

看護師という職業に就くためには、専門の学校で学び国家試験に合格する必要があります。
しかし、実際に適性がある人というのは、どのような人のことを指すのでしょうか。まずは、コミュニケーションの能力の有無です。病院内では、一人で行う仕事というのも勿論ありますが、基本的にチームで動くことが多いというのが実状です。なので、チームワークを組める人であることが必要なのです。また、忙しい中であっても、共に働く医師や看護師の意図をくみ取る能力も必要ですし、患者の意思をくみ取ることも重要になります。なので、どのような年代の人ともきちんとコミュニケーションが取れるように、言葉遣いも丁寧にすることが大切です。
次に、心も身体も健康で、なおかつ体力があるということが大切です。頭で考える作業もありますが、看護師は体力仕事が主です。力がなければ、足手まといになってしまうのです。また、さまざまな辛い場面に立ち会わなくてはいけないことも多々ありますので、精神力の強さも求められます。
続いて、心が優しいということも重要です。気分が優れない人や身体が弱っている人を相手に毎日仕事を行うことになりますので、優しい心を持っていることが大切なのです。言葉を発しなくても心というのは相手に伝わるものなので、心の底から誰かの役に立ちたいと思うことが重要です。病院には、小さな子供や年配者も多くいますので、話しかけやすい雰囲気を作っておくと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です