看護師になるための適性とは

看護師は、人の健康を気遣い、患者さんの大切な命に向き合う仕事であるので重い責任を担う職業の1つだと思います。
そのため、看護師という職に就きたいという思いを抱いても、どうしても適した人と向いていない人が出てくるのは仕方ありません。この仕事は、ハードワークが当たり前なので、タフさと身体の丈夫さが求められます。入院中の患者さんが快適な日常を送れるようにサポートしたり、診療時のお手伝いや巡回や注射、点滴などといった様々な細かい作業が1日中あるので、体力面に自信がなければ難しいといえるでしょう。
次に必要なのは、注意しながら見守ることですが、これは看護師だけではなく、医師などの医療従事者にいえることでしょう。患者さんの状態に、いつもと違う違和感があるとか、段差で躓いたり転ばないかなどをいち早く察知できればケガや事故を未然に防ぐことができます。
そして、肝心な心構えは他人を思いやれる優しい心だと思います。勤務先が病院や施設のため、病気などで体調が思わしくない患者さんや、体の自由がきかない人、第三者からの介助が必要な人のサポートも必要な仕事になります。そのため、相手の心を汲んで困らないように対応したいという相手を思いやる気持ちが大切になります。他に重要になってくるのが、継続するメンタルの強さです。看護師という資格を得るために頑張って勉強して、実際に現場で活躍するようになっても学ぶことがたくさんある上に、患者さんの介助や注射、点滴のような細かい作業などきりがない程に仕事があります。それ以外にも、何が起きても対応できる臨機応変さも重要になります。多忙の中でつい心が弱くなってしまうこともあると思いますが、へこたれない程の精神力も看護師として仕事をする上で必要な適性といえることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です